撮影上の注意点

3D撮影上の注意点

以下の注意点に留意いただくことで、よりきれいな3Dデータを作ることができます。

ポーズや服装により、3Dデータ及び3Dポートレート(フィギュア)の作成が困難な場合がございます。

すべての3D撮影での注意点


  1. ポーズは3D撮影時に2〜3秒は静止できる姿勢でお願いします。
  2. 体の手足を含めて、ブースの中心の直径約90cmの円の中に入るようにしてください。
  3. 手はできるだけ、体の一部に付けるようにして、顔の近くにしないで下さい。
  4. 頭の上に手や小物などをのせないで下さい。
  5. ひざまずいたり、座った場合は半分の高さの3Dポートレート(フィギュア)になります。
  6. 高さが90cm以下の場合、3Dデータ作成が困難になります。その為、小さなお子様やペットは大人の方と一緒に撮影してください。
  7. 高品質で撮影するためには、人数を二人までにすることをおすすめします。
  8. 複数の人数で3D撮影する場合はできる限り中心に寄るようにしてください。
  9. 次の場合は3Dポートレート(フィギュア)の作成ができない可能性が高いことをご了承願います。
  指を広げている(パー) 真っ白の服
   漆黒の服 ダークレギンス
  椅子 ストラップで繋いである財布
  帽子(胸に当てるなどした場合は可能です) メガネ(細かな装飾のあるもの)
  ケーブル(ヘッドホンケーブルなど) 厚さが4cm以下のものすべて
  手を大きく広げた場合 片足が地面から離れている場合
  反射性、光沢のある物(クロムメッキアクセサリーなど) 毛皮のような毛先が細かく薄いファーのようなもの

二人で3D撮影する場合の注意点


  1. 顔は正面カメラに向けるか、障害物が無いようにしてカメラのあるポールに向けて下さい。(お互いに見つめ合うようなポーズは3Dデータの作成が難しくなります。)
  2. 体の一部を必ず(できる限り30cm位の長さで)密着させてください。
  3. キスのポーズ(顔を近づけてのポーズ)は不可能です。

ペットを3D撮影する場合の注意点


  1. 飼い主さまと一緒に撮影することをお勧めします。ペットは人に比べて小さいため、ペットだけでの撮影は、3Dデータが作成できない原因となります。
  2. ペットは静止できないことが多いため、複数回の撮影を行ないます。